トップページ 対象疾患 どんな病気 治療法 健康診断・予防接種 診療案内 交通案内

〒380-0823
 長野市南千歳
    1丁目7番1
    第2荒井ビル
          2F
電話:
 026-224-7711

対象疾患


《全身》

痛みの性質、場所、原因によって治療が異なります。
一人一人にあったオーダーメイドの治療が可能です。
帯状疱疹後神経痛、線維筋痛症、脳卒中後遺症の痛み、中枢性疼痛、 癌の痛み など

《頭部・顔面》

頭痛も症状によって治療が異なります。内服薬も新しい便利な薬があります。
星状神経節ブロックや理学療法を組み合わせて質の高い治療を行ないます。
片頭痛、緊張型頭痛、三叉神経痛 など

《頚・肩・上肢》

頚が原因の肩や腕の痛みだけでなく、むち打ち症などの頭部の痛みも適切な治療で良くなります。
寝ちがえは局所注射1回で治ります。
肩こり、むちうち症、頚椎症 など

《胸背部》

骨粗鬆症による圧迫骨折の痛みや肋骨に沿って痛む肋間神経痛などを硬膜外ブロックと内服薬とを上手に使って治療します。
脊椎圧迫骨折後疼痛、肋間神経痛 など

《腰痛・下肢の痛み》

腰痛は多くの方が一生のうちで一度は経験します。痛みの種類、病態によって有効な神経ブロックを(組み合わせて)行ないます。
硬膜外ブロックや神経根ブロックによる治療が主です。
腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症、ぎっくり腰、坐骨神経痛、腰椎手術後腰下肢痛 など

《麻痺やけいれん》

顔や頚のけいれんに対してボトックス治療ができます。(薬剤の準備のために予約が必要です)
顔面神経麻痺と突発性難聴はできるだけ早く点滴治療を開始することが大事です。経過により星状神経節ブロックを併用します。
顔面・眼瞼けいれん、痙性斜頚、顔面神経麻痺、突発性難聴 など

《血行障害》

血管を拡げてくれる交感神経ブロックが有効です。星状神経節ブロックも硬膜外ブロックも交感神経ブロック作用を持っています。
閉塞性動脈硬化症、バージャー病 など

《その他 》

自律神経異常が関係しているさまざまな症状や病気に対してペインクリニックの治療が有効な場合があります。
アレルギー性鼻炎、自律神経失調症、多汗症 など